FC2ブログ

☆handmadeレシピ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
1日1回3箇所にポチっポチっポチっとおねがいしまぁす

 blogram投票ボタン にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ImageChef Custom Images
workshop申し込み先です
先日からパソコンの調子が悪い。。。ファンが悪いみたいで熱がこもりやすくなちゃって、熱がこもるとパソコンの動作が物凄く遅くなるんだよねぇ。酷い時には10分で出来る事が1時間2時間かかってしまう事も多々 でも頑張りまっす。年末に買い替え予定だからそれまではなんとかもって欲しいぞぉ

yoshiパソコンっ買ってくれないかなぁ~

そんなわけで意味なくストレス発散にハンドメイドを作っておりまっす。この日はアイロン台のリメイク。前から気になっていたのをやっと作りましたぁ

出来たのがこれ

アイロン台

裏はこんな感じ。実はしっかりと寸法を測ってきったのに おわかりのように水色の部分が大きく足りない自体に。。。ボケボケ~せっかくだから誤魔化して水色の生地を使いましたぁ結構可愛く出来ましたん。作り方はとっても簡単なのだけど ボケボケだったので何度か間違えました。そんな日もあるさ~

アイロン台

《ここからは簡単な説明ですが作り方》

★家のアイロン台をリメイクしたい人は 土台となる型を直接生地で1cmくらいのりしろを適当にとって適当に切ります。この時mieは中にキルト芯が入っていたのでそれを型紙にして1cmののりしろを入れて生地を切りました。結構適当でも絞るタイプなので綺麗になりますよ~

★次に裏を作ります。アイロン台の周囲の長さプラス8cmの長さで幅10cmにして切ります。mieのように生地を変えたい時には足す生地の長さを2cm余分に取ってください。もちろん元生地(足される方)も2cm余分に取ります。それをのりしろ1cmとして縫い合わせます。

★裏は左右を2cmののりしろで中表にして縫い合わせます。ワッカになるはず。たぶん土台の周囲と同じ長さになるはずですが。。。気になる人はその2cmののりしろを割って、半分に織り込んでください。そしてステッチをかければほつれません。

★あとは絞るので周囲に当たる上の部分を1cmおってさらに2cmおって紐が通るようにステッチをかけます。

★これら土台と裏を中表にしてのりしろ1cmで縫い合わせます。最後に紐を通して結んだら出来上がりで~す。mieのようにボケボケじゃなければ簡単に早くできるはずで~す。
 
1日1回3箇所にポチっポチっポチっとおねがいしまぁす

 blogram投票ボタン にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ImageChef Custom Images
workshop申し込み先です
スポンサーサイト
刺繍ってやるのは好きではないのだけど ステッチ系やクロステッチ系の刺繍は大好きで出来上がった時にかなり自己満足な気分に浸れるんだよねぇ~

でね 今日は知っているようで意外に知らない人も多い刺繍糸の保存の仕方を紹介しようかなぁ~と思いまっす。裁縫道具の中でごちゃごちゃしている人はぜひぜひ整理してね~

今回は写真の数がmieにしては物凄いから続きをクリックして見て見てね。頑張って説明しとります

【刺繍糸の保存方法】
1.まず刺繍糸の糸始めを見つけて引っ張る。焦らずゆっくりとすると絡まないよ
刺繍糸1

刺繍糸2

2.抜けるとこんな感じ。タグ?2つもとっておいてね
刺繍糸

3.刺繍糸の糸端と糸端を重ねて半分におります。
刺繍糸4

4.さらに半分におります。(今の所2回半分に折ってるよ~)
刺繍糸5

5.今度はそれを3つ折にするとこんな感じ
刺繍糸6

6.ここで最初にとっておいたタグの登場。2つとも通して、真ん中あたりに寄せておきます。(写真はまだ端っこ。これから真ん中に寄せる所)
刺繍糸7

7.そしたら端と端で和になっている所をハサミで切ります。和になってないのもあるのでうろたえずにね
刺繍糸8

8.ここからは裁縫箱で絡まないようにする為の処理。こんな感じで4本、4本ととって真ん中に寄せてください。
刺繍糸9

3つ編みをするので3束にしたいんですね~
刺繍糸10

9.順番は好きでいいんですが とりあえずここでは右端から。右端を真ん中へ重ねます
刺繍糸11

10.左端を真ん中へ重ねます。今の段階ではさっき右から持ってきた糸束の上に重ねています。
刺繍糸12

11.また右端のを真ん中重ねます。この右端は最初の時に真ん中にあった糸束です
刺繍糸13

12.見本より多少きつく編んでも大丈夫です。また左端のを真ん中に持ってきて重ねます。この繰り返しで最後まで編んでくださいね
刺繍糸15

13.なんでもいいのでゴムとかクリップで留めておいたら出来上がり
刺繍糸18

14.こんな感じで~す
刺繍糸19
くるくる丸めても裁縫道具の中で絡まりずらくてお勧め。何より最後まで糸がごちゃごちゃにならなくて使い切れます

15.取る時は1本ずつ(束じゃなくて)とると綺麗にとれます。その都度ほどいてもいいと思うけどmieは三つ編みのまま1本ずつ抜いちゃいます。ちなみに3本取りをいっぺんに取ろうとすると三つ編みが乱れやすいです。まぁ1本ずつ抜いて3本にした方が刺繍の糸目は綺麗だもんね。
刺繍糸21

タグ!?も最後まで残っているから また同じ糸が欲しい時なんかに糸番もあるので購入可能だよん
刺繍糸20

わかるかなぁ~これは結構裁縫道具の中でmieにとっては重宝しているやり方なんだよね。だからお勧めだよ
 
1日1回3箇所にポチっポチっポチっとおねがいしまぁす

 blogram投票ボタン にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ImageChef Custom Images
workshop申し込み先です
今製作しているのは ハワイアンキルトのミニボストンバック にこキルティングが終わっているので仕立て次第upしまぁ~す

今日出来上がったのは ハワイアンキルトではなくあせハワイアントール。というかステンシルというか。。。両方というか。。。

ハワイアントール ハワイアントール ハワイアントール

スタバの容器に描いてみましたぁmii3枚あるけどこれは1個の容器。


***************************
《リメイク方法》
★まず大きさを決めて紙にかたどります。
★図案を描きます
★ラミネートシート?(ファイルをまとめたりするシート)にマジックで図案をうつします
★色をつけたい所をカッターで切り取ります。
★容器の色を塗りたくない所にマスキングテープを貼ります。これはしっかりこすりつけると剥がした時ににじまずに綺麗です。
★オールパーパスシーラーを塗りたい所一面に塗り、好きな背景色を適当にべた塗り。筆は倒して縫った方が綺麗に塗れますよ~ドライヤーで乾かしては塗りというのを繰り返す。
★切り取ったラミネートシートを巻きつけて色つけ。色はキッチンペーパーなどで落としてからかなり薄めに塗りつける。何度も繰り返して色を重ねる方がかすれて綺麗に見えるよん。
★シェード(影になる所)やハイライト(明るい所)などを適当につける
★ラミネートシートを取る。塗り足りない所などはあとから塗りつけても良い
★全体ではなくて 所どころに(ここではモンステラの一枚とアンスリウム、ハイビスカス)縁取りを細くいれるとかなり可愛い
★ラメを入れたい所を決め、そのモチーフだけにニスを塗り すばやくラメの粉をふりかけ ドライヤーで乾かす。
★あとはラメが取れないように丁寧に優しくニスを塗る。ニスは同じ所は二度と触らない。乾かしてから塗る。それを今回は4,5回繰り返しましたぁ mie的には好みではないけどなかなかの出来(笑)たぶん。。。

***************************

ラメを入れないと微妙だったかな。。。入れてよかったよかった

ぜひ皆さんもお試しあれ~
 
1日1回3箇所にポチっポチっポチっとおねがいしまぁす

 blogram投票ボタン にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ImageChef Custom Images
workshop申し込み先です
最近 寒くなったり 暑くなったりで体調管理には気をつけないとにっこり 

そんな中 机でいろいろやっていた時に夫婦揃って足が冷えていました。その結果マットを買おうという事になったんですが 結構気に入った柄や大きさってないんだよね~あっても高いか。。。

そこでやる気になって今回はスラッシュキルトというのを作ってみました。私の場合はハワイアンあんだけど ハワイアン好きじゃない人も持てるような物作りを目指しているので 日々頑張っています。たぶん。。。(笑)

スラッシュ


まぁまぁですかね~ デザインは《ウル》です。

**************************

作り方はとっても簡単で 単調作業。ただひたすら縫う、そしてただひたすら切る。今回mieが作ったやり方を説明すると
★一番したに土台となる生地を1枚おきます。

★その上に薄茶と生成りのチェック生地を1枚、ピンクの生地(フィエスタコットン)を2枚、再度薄茶の生成りのチェック生地を1枚を順番に重ねていきます。チェック生地を背景にすると優しい感じでナチュラルになるのでお勧めです。

★モチーフ生地は赤がむら染め、青がデニム生地を使っています。モチーフをなるべく単調に大きくデザインして上の載せてバランスを見ながら配置します。

★中心辺りから縫うので、横幅の上下中心に印をつけます。そこを結ぶ線を背に45度線を引きます。そこからは等間隔7ミリ幅で永遠縫います。縫って縫って縫いまくります。

★ハサミで縫った所の間を直線に土台布は絶対に抜かして その他の布達をまとめて切っていきます。 

あとは洗濯をしてケバ出させて バイヤスの処理をしたら終了です。


**************************

。。。。

のはずだったんですが 今回は厚みがほしかったので 洗濯までしたらタオル生地を2枚重ねてさらに土台布と同じ生地を2枚裏地として重ねて そのまま布全部をくるむようにバイヤス?額?みたいにしてみました。裏地は2枚でその生地でバイヤスにはせずにくるんでフチを作ったので ダブルパイピングのようになってふっかふかで満足な仕上がりです。

ちょっと渋いけど お気に入りになりました。

ちなみにスラッシュキルトようの物を切り続けるときに便利なのでスラッシュカッターというのがあります。今回はこのスラッシュカッターとハサミを使ってやりました。切り始めをハサミで切り、その先をスラッシュカッター。ハサミは微調整がきくので便利なんですが スラッシュキルトを作るには手が疲れるのでスラッシュカッターは必需品です。小さい小物なんかだったら必要ないかな~逆にもったいないかも
 
1日1回3箇所にポチっポチっポチっとおねがいしまぁす

 blogram投票ボタン にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ImageChef Custom Images
workshop申し込み先です

 | Copyright © Anuenue65*popo All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。